現在日本では、3人に1人がなんらかのアレルギー体質を持っており、その人口は増加の一途を辿っています。アレルギー、アトピー性皮膚炎は環境的要素、遺伝的要素、心理的要素などの原因で発症すると言われており、発症された方は本当につらい思いをされているのが現状です。
その現状をなんとかしたいという強い思いから、全国からアトピー性皮膚炎・アレルギー疾患に詳しい薬剤師・医薬品登録販売士が集まり、「食生活の重要性」「メンタルケア」「正しい知識の共有」について定期的に学び合っています。私たちが得た知識をしっかり啓蒙していくことで、一人でも多くの方が改善されることを願っております。

ASCでは、全国各地の会員店舗が集まり、学術情報や店舗で実際に寄せられる相談と改善方法などを紹介する勉強会を開催しています。

各会員が実際に相談を受けている症例の紹介や、薬の効き方、治癒していく経過などを学び合い、一人でも多くの改善の為に役立てています。

私たちASCの活動が

奈良新聞に掲載され

ました。

 

あなたの体質にしっかり合ったお薬を服用しても、日々の食生活が乱れていてはどんなに効果のある薬を服用しても、効果を期待することはできません。

「バランスの摂れた食事をする」「体を冷やさないようにする」「油物や糖を控える」といった、薬以外のことでも、服用される方に合った方法をアドバイスさせて頂きます。